はじまり

小さい頃から、どこかここは自分の居場所ではない、友達もいてそれなりに普通に過ごしていたはずなのに…ずっと持ち続けていた違和感。20代で日本を離れての生活を体験。何故かのびのびと過ごしていたのですが、日本では続かない仕事。

そんな中出会った主人と結婚、出産。

子どもと意志疎通がままならなず、思わず叫んでしまいそうになる日々。
飛び込んでくる虐待のニュース… 「私も同じかもしれない」と頭をよぎることが多々ありましした。

幼い頃から好きだった絵本を読み聞かせをしていた時、ふと「私にも苦しい思いをしている人に何か 役に立てることがあるかも」と描いたことがなかった絵を描き始めました。

それは少しずつ子育てをしている他のお母さんの元へと届くようになり、さらには子どもたちがのびのび自由に出来る場所を作りたいと、造形教室も始めました。

この時生まれたのがCodococo(コドココ)です。

Codococoは「いろんな子が居ていいんだよ」をコンセプトに物語を作り始めました。

コーチングとの出会い

月日は流れ、子供たちも大きく成長していきました。

「私は子どもの為にこんなにも尽くしている」「私はわかっている」
そう思っていたんでしょうね 。
知らず知らずにおざなりにしていた夫婦の関係、思春期に入った子どものとの関係に少しずつ出来ていたズレ。ズレは悩みとなり、言い合いとなり、どうしてわかりあえないのか悶々とする日々が続きました。

どうしようもない悩みを友達に打ち明けたところ、いつも視点を変え「それはね」といろんな問いをくれたんです。 実は、その友達は当スクールのコーチをしていて、学んでいるんだよと教えてくれました。

そこからは、目から鱗!晴天の霹靂!

自分が正しいと思っていた事・思いのほとんどが、一人よがりだったのです。

行き過ぎた自己満足や、思い込みでどれだけ周りを見れていなかったのか…そんな思いであふれました。

私は”この学びに出会えたこと”に感謝しました。

気づけたこと、
そして学べば変わることがこんなにたくさんあるということ、
いつからでも遅くないということ、

出会えたからこそ、今こうしてここでまた誰かに伝えていきたい。

お母さん達に、絵を届けたいと思ったあの時と同じように。

コーチとして一人でも多くの人に「知ること・学ぶこと」で、
きっと自分が自分を愛せるように、
自分が誰かを大切にできるように
そんな自分を好きになれるように

そんな出会いを届けていこうと思っています。